過払い金は請求しなければ返還されない

###Site Name###

過払いは、今ではすっかり聞き慣れた言葉になりました。


これまで1度も借金をしたことがない人でさえ、コマーシャルなどで耳にしたことがあるでしょう。

MBSニュースに出会えて満足です。

しかしどのような仕組みでお金が戻ってくるのか、まだはっきりと分かっていない人もいるかもしれません。



改めておさらいしておきましょう。

アイフルの過払い金の優良サイトの情報を公開中です。

日本では、利息制限法と出資法によって上限利息が定められています。

しかしこの2つの上限金利には差があります。この差によって、利息制限法では違法だが出資法では違法にならない、というグレーゾーン金利が生まれました。

そして、多くの消費者金融では、かつてこの出資法の上限金利を採用していました。

ところが消費者金融の融資は出資法には当たらないとする最高裁の判断が示されたため、消費者金融は、過去に遡って不当に高い金利で受け取ったお金を返還しなければならなくなりました。

これが過払い金です。
払いすぎた利息のある人が請求すると、ほぼ確実に戻ってくるお金です。

しかし返還の求めがない人に対してまで返還する義務は消費者金融にはありませんので、請求しなければ戻ってきません。
このためコマーシャルなどで盛んに流れているというわけです。

消費者金融との取引が長い人ほど、過払い金が多く発生している可能性があります。

請求は、弁護士に依頼するのが手っ取り早いでしょう。報酬は発生しますが、現在も返済中の人は、借金が減り、且つ手元にいくらか戻ってくる可能性もあります。