過払い金請求の流れは?

###Site Name###

まず、司法書士に相談します。


ほとんどの場合、無料で相談出来るので、気軽に電話して見ましょう。

レイクの過払い金をご紹介いたします。

この時、消費者金融との取引状況を伝え、過払い金請求が出来るか判断されます。

MBSニュース情報選びをサポートするサイトです。

請求が出来る場合、消費者金融の明細書の提出を求められ、司法書士事務所での相談となります。



ここで、どんな司法手続きを代行するのか?、掛かる経費・返還された過払い金における司法書士報酬の割合等の説明を受け、了承すれば委任状等の必要書類を記入し、今後一切の手続きを司法書士に一任します。

この時点で、消費者金融との取引は凍結されますので、返済義務が無くなる反面借り入れも出来なくなり、消費者金融側も返済請求が出来なくなります。言うまでもなく、過払い金が発生している状況下においては、借り入れ出来ないデメリットよりも、返済義務が無くなり督促もされないメリットの方が大きく上回ります。

ほとんどの場合、司法書士事務所に足を運ぶのはこの一回限りなので、条件の良い司法書士事務所であれば遠方でも差し支えありませんが、手続きの上で、最近に契約した消費者金融の支店に司法書士が出向く必要性が出てくる場合があるので、支店に近い司法書士事務所を選ぶと経費が抑えられます。

過払い金が返還されるまでには、数ヵ月かかります。

その間、問題が発生したり、手続きの進行状況を知りたい場合は、電話で司法書士と連絡を取り合います。
返還された過払い金は、経費・司法書士報酬を差し引かれ、指定の口座に振り込まれます。