過払い金請求ができる金利とは

###Site Name###

利息制限法を超えた金利分の利息は、過払い金請求により取り戻せます。


過払い金が発生している可能性が高いのはノンバンク系金融機関のキャッシング、カードローンなどです。



クレジットカードに関しても、キャッシング機能は過払いが発生している可能性があります。

ニコスの過払い金に関する耳より情報です。

大手消費者金融なら過払いはないと考える方もいますが、業者の規模は関係ありません。

特別なReuters情報を厳選して紹介します。

むしろ大手のほうが貸付額が大きいため、より多くの過払いが発生していると考えていいでしょう。

ローン利用者の過払いは10兆円になると言われており、2人に1人に発生している計算になります。具体的な金利については、年率で18.0%を超えて借りていた方は過払いが発生していることが多いです。

10万円未満の借入では20.0%まで認められていますが、10万円未満の借入をしていた方が過払い金請求をするケースは少ないです。

高金利時代のローンを利用していた方なら、数百万円の借金を抱えていた方も多いでしょう。

そうした方は過払い金も100万円を軽く超えるほど発生しているケースがあります。
借金の返済を借金で行うという自転車操業状態にあった人は、返還される金額も大きくなる傾向があります。

借金に苦しんだ方ほど、より多くの利息を支払ってきたはずです。
利息が大きければ大きいほど、それに比例して過払い金も増えるのです。

貸金業者との契約が終わっても、利用明細を見て高金利で借りていた履歴があれば、過払い請求を行うことができます。